ご購入にあたって

家づくりにかかる費用

家づくりにかかる費用には、主に以下のものがあります。



建物工事の費用

木工事費

屋根工事費

建具工事費など



建物工事以外にかかる費用

屋外給排水工事費

確認申請費用などの付帯工事費

税金

登記の手数料

各種保険料

家具の購入費・引っ越し代など

住まいづくりにあたっては、イメージしやすい建物工事費用のほかに、さまざまな費用がかかってくることがおわかりいただけるかと思います。住宅建築において予算をオーバーしてしまうケースがあるのは、この建物工事以外の費用を見落としてしまうから。計画段階でこうした諸費用についてもしっかりと把握しておきましょう。
一般的に、諸費用は総費用の約20%といわれています。ただし、新築か建て替えかによって、またお客様のご希望によって金額は大きく変わってきます。あくまでも目安としてお考えください。

資金計画

家づくりにかかる費用の概算が出たところで、資金計画を立てていきます。ほとんどの場合、自己資金だけで建築費用全額をまかなうのは困難です。そのため、住宅ローンを利用することになります。住宅ローンはもともと、住宅金融支援機構による公的な融資が中心でした。しかし現在では、銀行や信用金庫などが個人にも門戸を開くようになり、住宅ローンの選択肢はますます増えてきています。融資条件や金利など、それぞれに特徴が異なるため、ご家族の価値観やライフスタイルにあわせてローンを選択するようにしましょう。

借入金の目安は総工事費の80%

工事に関わるすべての費用をローンでまかなう場合もありますが、費用の80%程度を借り入れるのが一般的です。借入金の目安は、年間の返済額が年収の20〜25%程度。年収が500万円のご家庭なら、月々の返済額が9万〜10万円(年間100万〜125万円)に納まるようにしましょう。
もちろん、住宅以外のことに使うお金のことも考えなくてはいけません。ご家族でしっかりと話し合って決めることが大切です。

頭金の目安は総工事費の20%

頭金がなくても利用できる住宅ローンはありますが、頭金が多ければ多いほど月々のローン返済は楽になります。一般的に、総工事費の20%程度を頭金として用意される方が多いようです。また、頭金以外にもさまざまな諸経費がかかり、総工事費の5〜6%は自己資金でまかなわなければならないといわれています。ご両親からの援助がある場合は、贈与税などについても考慮しましょう。

▲ページのトップに戻る

HOMEお知らせアースホームとは家へのこだわり建築屋さんだからできることアースホーム最新のニュース&トピックスお客様の声リフォーム施工実績体感型ショールーム住宅館
赤山町住宅展示場エコ住宅‐アースゼロモデルエコ住宅‐アースベーシックモデル家づくりの流れ施工の流れご購入にあたって会社案内スタッフ紹介お問い合わせ