家へのこだわり

強くて快適な、長寿命の住まいのために

地震や台風、地盤沈下など、住まいと暮らしにはさまざまな問題があります。それらをクリアし、世代を越えて住み継がれる頑丈で快適な家づくりのために、私たちアースホームは外見だけでなく、中身にもこだわっています。

エンジニアリングウッド

私たちアースホームが求めたものはバランスの取れた構造体。太い柱を使い、構造体自身の自重を重くすることが本当に良いことなのでしょうか?
アースホームでは強靭でバランスの取れた構造体をつくるために無垢材の1.5倍もの強度を持つ安定したエンジニアリングウッドを標準仕様といたしました。これにより、乾燥による反りや割れを大幅に減らすことができるため、長年にわたって安定した強度を保つことが可能です。

剛床工法

床の強度も強い家をつくる要素と考え、アースホームの床には2階全フロアの床梁の間に木材を配置し、その上から24mm厚の構造用合板を直接留めつける剛床工法を採用しています。
この工法は床をひとつの面として一体化させているため、横からの力に非常に強いのが特徴です。そのため、建物のねじれや変形を防ぐことができるほか、地震や台風にも高い強度を誇ります。また、耐火性、遮音性にも優れています。

ベタ基礎工法

アースホームの標準基礎にはベタ基礎を採用。一般的な布基礎に比べて、床下まで鉄筋入りコンクリートで覆うので、湿気の上がりを防ぐことが可能です。さらに地震・台風・不同沈下に対して強い威力を発揮。また、コーナーハンチにより、十分な耐震・耐風性も備えています。
どんな災害からも、当社の強靭なベタ基礎が大切なご家族と財産を守ります。

全周床下通気工法

従来、木造住宅用基礎パッキン(通気用金具)には合成樹脂を使用するのが一般的でしたが、アースホームでは合成樹脂より強度が高いステンレス鋼を使用した基礎パッキン(ネコニカ)を採用いたしました。
このステンレス製基礎パッキンは、合成樹脂製と比較して強度が高いことから、通気口の高さを9mmにまで狭めることが可能です。その結果、耐震性が向上したほか、防鼠措置が不要となりました。
また、ステンレス鋼であることから、合成樹脂と比べて耐火性も高く、経年劣化も少ないなど、多くのメリットがあります。

耐力壁

「太い柱は地震に強い」と思っている方もいらっしゃるかと思いますが、柱の太さは重さを支えるためのものであり、揺れに耐えるためのものではありません。雪国であれば雪の重さを支えるために太い柱が有効ですが、雪の少ない関東では、そんなに太い柱は必要ありません。
地震や台風に対抗できるのは、「耐力壁」と呼ばれる補強された壁です。耐力壁には、写真のような「筋交い」や、壁に構造用合板などを貼る「面材耐力壁」など色々な種類があります。どの種類にしても、この耐力壁がたくさん使われている家ほど、地震に強いといえるでしょう。
アースホームでは、この耐力壁の量を、建築基準法で定められている数値の1.3倍を目安に計算しています。耐震補強の金物は筋交いをもとに計算するN値計算を採用しているので、筋交いが多くなればなるほど補強金物も多くなり、より高強度の構造体となるのです。

▲ページのトップに戻る

HOMEお知らせアースホームとは家へのこだわり建築屋さんだからできることアースホーム最新のニュース&トピックスお客様の声リフォーム施工実績体感型ショールーム住宅館
赤山町住宅展示場エコ住宅‐アースゼロモデルエコ住宅‐アースベーシックモデル家づくりの流れ施工の流れご購入にあたって会社案内スタッフ紹介お問い合わせ